ねこマジVo・声優・女優  演出・演出助手      いせきよしこの日々徒然


by yoshiko1-19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お後が宜しいようで

志の輔師匠の会、ロビーゲスト、無事に勤めてまいりました。
とてもゆったりとした、い〜い気持ちで歌うことが出来たのは
きっと御来場のお客様のおかげです。ありがとうございました♪

そして師匠の落語も二席『短命』『百年目』、たっぷり堪能させて頂きました。

昔はよく、父親と一緒にテレビで落語観てました。
(それこそ『寿限無』は小学生の時に父親にお風呂で教えてもらったのよ)
余談だけど、うちの父親はほんっっっとうに何年も同じ番組を見続ける人で
何曜日の何時は必ずこの番組、って決まってたなぁ。
クイズタイムショック(古い)、アタック25、新婚さんいらっしゃい、etc……。
その中に笑点とかもあったりしたわけで。

その頃は落語の“下げ(=落ち)”のするっと感がすごく不思議でした。
下げを言いながら頭を下げて御挨拶。ドカンと終わらない。
子供だったから、下げの意味すらわからないものもあって
途中であんなに笑えたのに、最後で笑うタイミングを逃されてしまう感じ。
「いきなり終わっちゃったよ!」みたいな。

しかし大人になった今、やっと、なんとなく
あの感じが素敵と思えるようになってきました。
押し付けがましくなく、ひけらかさない。
お客様にお渡しする感じ。


   サゲはなるべく言葉少なく、さらっと演る事が
   落とし噺の大事な所であり、難しい所です。(六代目三遊亭圓生)




余韻、ですね。
うーん、深い。
[PR]
by yoshiko1-19 | 2006-02-22 04:23 | ねこマジ