ねこマジVo・声優・女優  演出・演出助手      いせきよしこの日々徒然


by yoshiko1-19
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お待たせしました!

ずっと書く書くと言っておりました、RAG FAIR引地洋輔くんとの会合レポ。
先ほど、ダ・ヴィンチの次回原稿『浮気』をやっと書き終えたので
その勢いに任せて書き始めてみようかと。
いや、きっとレポってほどのものにはなりませんが…
いや、書き出したらわからんぞ、私は。(前例あり)
とりあえず、遅れに遅れてご報告です〜。


2月某日(えっ!もうそんな前!?)
会合場所は新宿の某呑み屋さん。
編集様(以下Kさん)が「どんなお店がお好みですか?」と聞いてくださったので
「焼酎の種類が豊富だと嬉しいかも〜」などとアホメールをしたところ
こじんまりとした、とっても素敵なお店を選んで下さいました。
編集部内酒飲み部隊からのご推薦だったそうで(笑)
期待に違わぬ焼酎の豊富さと、お料理の美味しさでしたわ。
ちなみに洋輔くんは「ビール必須で、洋より和」だったそうです。
ふふふ、なるほど。そういえばビール党だって言ってたな。

さて当日。20時半と、ちょっと遅めの待ち合わせ。まず最初に店に着いたのは私でした。
居酒屋(わりと大きめの)を想像していたら、思っていたよりずっと家庭的な感じで
20人も入ればいっぱいになりそうなお店だったので
初っ端からそわそわしてしまった(笑)。
だって、お店の中はもう既に盛り上がっていて(各テーブルがね)
その中で、ひとり待ち合わせ状態なんて、緊張するよー。(♪待ち合わせが苦手)
速攻でトイレに立ってしまった…(小心者!)。
そしたら、その間にお二人の到着する声が!まずい!(何がだ)
急いで出て、ちょうど席に着こうとするお二人に
何事もなかったかのように「どうもどうも」と声をかけたのでした。





なんだかんだ言いつつ、洋輔くんとはまだ2度目のご対面。
微かに漂う軽い緊張の中(笑)、会合スタートです。
まずはビールで乾杯。(Kさんはお酒じゃなくて烏龍茶でした。飲めないんですって)
そして、おつまみは何にしますか?なんて探りもいれつつ
(これ、結構大事だと思うのよね、その人を知るのに。)
「これ、どうですか?」と選んだものに「あ、いいですね〜」と反応してもらって安心したり
ちょいちょい挟んでくる洋輔くんの注文に、結構通じるものもあって楽しくなったり。
実際、「とりあえず飲みましょう!」という目的で集まった会なので
あんまりハッキリとした話題もテーマもないわけですよ(笑)。
だから、何が好きか、とかこれは美味しいよね、なんていうところで
まずは盛り上がるわけで……。

なんか、ダ・ヴィンチのデート原稿書いてる気分になってきた(笑)。

でも、一緒にご飯を食べたりお酒を飲んだりし始めると
やっぱり、お互いに段々と和んで行くのがわかりますね。
とりあえず、そんなジャブの応酬を交わしながら
20分くらい過ぎたところで、私はまたそわそわし始めたのでした。
何故か?ふふふ。
実は、洋輔くんに秘密の、隠し玉を用意してたのですよ。ふふふふふ。

元々の予定は、この3人での会合ということだったのだけど
そういえば、なおこもみちこも洋輔くんとはご対面してないわね、と思いつき
リハ最中に二人に「○日の夜、洋輔くんと飲みますが、空いてる?」と聞いてみたら
なおこ「その前に予定があるから、ちょっと遅れてならなんとか行けるかな?」
みちこ「空いてるよー、行くよー」という返事。
そうか、二人揃っては来られないか…。
んじゃ、ただ紹介するんじゃつまらん!どうせ一人ずつなら!ということで
『まるで行きつけの店のようにふらりと一人で現れて「あれ?なんでいるのー!?」×2』作戦を
決行することに!(馬鹿)

そんなわけで、新宿に着いたみちこやなおこから、その都度メールが入り
「では○分後にお入り下さい」とか「奥の席にいます」とか返信しまくっていたのでした。
洋輔くんにバレないように(笑。その前にKさんだけには教えてありました)。
果たして、まずはなおこがやって来たのでした。
私とKさんの席は入り口に顔が向いており、逆に洋輔くんは背中側に入り口。
これ、逆だったら良かったなー!なおこ見つけた途端にうっすら笑っちゃったもんなー!(笑)
でも、必死に気付かないふりをして話しを続けていると
律儀に店員さんに「一人です」と声をかけてカウンター席に着こうとするなおこ(!爆笑)
どこまで気付かないふりをしようか、薄ら笑い顔で話し続ける私。
と、おもむろに私を見つけた芝居をして(洋輔くんからは見えないのに!泣笑)
こちらに近付いてくるなおこ。
もう我慢出来ません。というか、私も気付くしかありません。

よしこ「あれ!?なおこ、どうして!?」(大根芝居)
なおこ「え?一人で飲もうと、たまたま入ったらいるから……あれ?こちら……?」(猿芝居)

ギブアップです。勘弁してください。
もうどうしようもなく笑ってしまって、ひとりポカーンとしている洋輔くん(可哀想)に
「あ、ねこマジのなおこですー」と紹介したら
「え!!あ、どうも!え?!なんでですか???」と、まだ状況が飲み込めていない洋輔くん。
「実は…」と計画を教えて、はい大成功ー。でもまだ終わらないー。(笑)
なおこも席に着きビールを頼んで、5分ほど経ったその時
今度は、当たり前にみちこがやって来たのでした。
みちこの登場も、それはもう相当にナチュラルでしたよ!(崩れ落ち)
私しか気付いてなかったのがホント残念だよ!
みちこはわりとすぐにこちらをみつけて、洋輔くんとなおこの背後から
「やあやあ、どうもどうも」と声をかけたのでした。
またまた「え?!!あ??」となる洋輔くん。
私も、もういいかなー、と思って
「あ、ねこまじみちこですー。仕込みパート2ですー。」と普通に紹介。
なおこはちょっと小芝居を始めようとしてたけど(笑)。ありがとうなおこ。
洋輔くんも、まさか二人とも、しかも別々に来るとは思ってなかったみたいで
しばらくあわあわと状況を飲み込もうとしてくれてました。
ほんと、くっだらなくてごめんね、洋輔くん(^^;)

そんなバタバタではあったけど、無事に二人の面通しも済んで
5人になったのでちょっと大きな席に移動させてもらって、改めて乾杯。
そこからは、もうハイテンション、ノンストップでしたよ!
私が!!(ぇ)
後でみちこが「よっさん、今日3倍面白いね!」と言ったくらい。(笑)
だって、元々は私一人のはずが、ねこマジ3人揃っちゃったんだもん!(揃えたんだろーが)
洋輔くんと二人を繋ぐのは私しかいないわけだし、洋輔くんもがつがつ喋る方じゃないし。
もう気分はホステス役でしたよ!もう回す回す!!
そっから焼酎に切り替えたしね!(やる気)
みちこもいきなり泡盛頼んだしね!(本気)
そして洋輔くんは女4人に囲まれて、黙る頷く!みたいな?(笑。ほんとごめんよ)

恋愛の話から仕事の話、年齢の話や人生(?)の話……。
終電のなくなる頃、なおこが一足お先に退場して、それでもまだ話は尽きず……。

そのうちに、珍しくみちこが酔っぱらって眠そうになったので(笑)
最終的に、ダ・ヴィンチ続編の成功を祈願しつつお開きとなったのは
スタートから5時間後の、1時半を回った頃でした(!!)。

いやー、楽しかったーー!!!
洋輔くんも楽しそうでしたよ!(ほんとだよ!)
初顔合わせの対談の時に言っていた、お酒を飲みながらのぶっちゃけトーク
出来たんじゃないかしら。(にやり)
洋輔くんは、とっても穏やかな、そしてほどほどに辛口な(いいぞー)
とっても可愛らしい素敵な男性でした。
あ、可愛いって言われるのは嫌なんだっけ?(笑)
また、是非飲みましょうね、洋輔くん!


以上。やっぱり長くなった会合レポでした。
これからも、洋輔くんともども
WEBダ・ヴィンチ『男の本音・女の本音』をよろしくお願いします!!!

a0058433_534074.jpg

ねこマジと洋輔くん4ショット。
なおこが帰る間際に撮影。
みんなほろ酔いでいい調子。


あれ、ねこマジだけ?
ちょっと洋輔くん!大丈夫?!
眠い?それともげんなり?(笑)





a0058433_55067.jpg






初めて飲んだ、森以蔵「極上の一滴」。
1杯のお値段、なんと……











二千円超え!ぎゃーーー!!!

でも、最強に旨かったっす………。
お試しになりたい方はコチラとか。


a0058433_551794.jpg





上から。

青い切り子に丸い氷が素敵。




はぁ、もう一度飲みたいなぁ……。
[PR]
by yoshiko1-19 | 2008-04-26 05:34 | ねこマジ