ねこマジVo・声優・女優  演出・演出助手      いせきよしこの日々徒然


by yoshiko1-19
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

岩手2

本日の落語会でのねこマジゲスト
とっても楽しく演らせていただいて来ました。
ねこマジの出番が終わって中入り(休憩)だったのですが
なんと、その中入りだけで
持参して行ったアルバムが売り切れたそうです!
素敵!!素晴らしい!!嬉しい〜〜!!!
喬太郎師匠とは何度もご一緒させて頂いているので
初見の方は少ないかしら…と思っていたのですが
師匠のお客様に喜んで頂けて、本当に嬉しかったです。
喬太郎師匠始めスタッフの皆様、ありがとうございました。


さて。
明日からまた怒濤の日々が始まるので
今日のうちに旅の最後まで。


2/9
岩手初日。
昼公演は程良い緊張感とここまで積み上げて来た自信とでまあまあの出来。
でもやっぱり無くなりはしないダメ出しを少しして
念願のお蕎麦を食べに駅前へ。

a0058433_1453183.jpg


天ざるでござい。

ぎっしぎしの歯ごたえと
少し甘めの出汁に
わさびではなく紅葉おろし。
そのぴりりとした刺激が

たまりません……。





蕎麦湯も美味しかったー。
というわけで蕎麦湯を堪能する私。

a0058433_22827.jpg






酷い(泣笑)。

間違いなくおっさんである。


一緒に行った友人Nに
「熊を殺した後で、白濁したどんぶり酒を
啜っているようにしか見えない」
とコメントされる。

どぶろくを啜るマタギの図。


なんやかやと軽いハプニング続出の夜公演を終えて
この日はキャスト何名かと制作スタッフNさんのリクエストご飯。

a0058433_28142.jpg




肉ーーーーーーっ!


ザ・肉ーーーーーーーっ!!






黒毛和牛「門崎丑(かんざきうし)」というのだそう。
比較対象物としてタバコを並べてみたら
一気に画が荒んだので携帯で。
鮮やかなイエローとのコントラストが素晴らしい。
本当にとろけるような味わいでした。

たらふく食べて熱い話とかもして「ごちそうさまー」と外に出たら
そこは急激に銀世界になってました。

a0058433_223660.jpg


雪で一気にテンションが上がったので
キャストたちをホテルに送り届けて
改めて少し飲み直すことにした大人たち。
にひひ。この旅で久しぶりに飲んだな。


クラシックの流れる素敵なイタリアンバールで
ひゅるりーと降りしきる雪を肴に
軽ーく1、2杯飲んでから就寝。









食べ物の話はここまで。




2/10
この日に一足早く千穐楽を迎えるWキャストがいたので
みんなも少しそわそわしつつ、色んな段取りを伝達。
そして公演を終えて
やっぱり当たり前のように無くなりはしないダメ出し。
前日に出来たことが戻っている場合もあるし
前日出来たことで、それを追おうと意識し過ぎる場合もある。
更に、一つのことが確実に出来るようになったら
やっぱりもう一つ先のサジェスチョンを提示しなくてはならない。
特に、公演数が残り少なくなってくると
なぜかキャストたちはどんどん貪欲になってくる。
やり残したことはないか、まだやれることがあるんじゃないか。
やらなくてはいけないことに精一杯だった顔が
どんどん“役者”の顔になっていくのは面白い。

でも欲を言えば、本当のことを言えば
それは1歩舞台に足を踏み入れた瞬間から始まっていて欲しい。
今日より明日、明日より明後日。それは当たり前。でも
「今日しか、今しか出来ない」ことを覚悟して臨んで欲しい。
「今日しか、今しか出来ない」ことに必死でくらいついて欲しい。
そんなことを、この日の夜の前打ち上げでキャストたちに伝えたりして。
“変化”“成長”ということが
ある種の売りのようになってしまっているこの作品で
本当にしなければいけないことは何かを、時折考えさせられる。

2/11
王子様冬公演千穐楽。前楽。
みんなのそわそわは前日の比じゃない(笑)。
それでもなんとか落ち着いて、いつもどおりに舞台に立とうとする彼ら。
打ち上げでの、スタッフさんからや仲間からの色々な言葉を噛み締めてか
ちょっと引き締まった印象を受けました。

夜公演。大楽。
この長い公演で、初めて「次が無い」ことを意識出来る公演。
案の定、力みすぎの感はあったけど(^^;)
「今日しか、今しか出来ない」ことを全員がやろうとしてたと思う。
満足感や悔しさや、ハッキリしたことや逆にもやもやしたことや
色んなことを抱えて最後の挨拶に臨んでいる姿は
とても興味深いものでした。
これは4年前から変わらないね。
最後にはウチのボスも登場し(笑)清々しく、華々しく幕は降りました。

スタッフさんからのサプライズ
ただの祭りの〆の大花火だと思わないでね。






お客様の拍手を受けて、最後の最後の挨拶。
緞帳前に出た彼は、やっと本当の彼だった気がします。
それを観ることが出来て、本当に良かった。
まだまだ先に進める気がしました。


というわけで長い長い旅は終わり。
思った以上に長くなってしまったご報告(やっぱりな)も終わり。
明日からまた何かと戦う日々です。


最後に。

全スタッフ・キャスト、本当にお疲れ様でしたーー!!
そして全てのお客様に、ありがとうございました!!

[PR]
by yoshiko1-19 | 2008-02-15 03:52